1. ホーム
  2. ピックアップ
  3. プレママ&ママのリアル座談会vol.2

プレママ&ママのリアル座談会vol.2 子育て中のストレス解消法

子育ては、子どもの成長が見えて楽しい反面、何かとストレスを感じることも多いもの。
出産を控え、ちょっと不安なプレママ(妊婦さん)が、子育て真っ最中のママに楽しい子育ての秘訣を聞きました!

赤ちゃんと2人っきりの毎日…ストレスはどう解消する?

華香さん:赤ちゃんが生まれてくるのが楽しみ〜! でも子育てってやっぱり大変なの?

奈々恵さん:生まれてすぐはおっぱい、おむつ替え、ねんねの繰り返しでとくに大変だったな。授乳中はお酒も飲めないし、自由に遊べない。子育ては楽しいけど、どこかで息抜きは絶対必要!

真穂さん:うちのパパはサッカーが好きで、週に3回は練習、週末は試合があることも。そのかわり、私も誰にも邪魔されない自分の時間をパパに協力してもらって作ってるよ。お風呂でのんびり過ごしたり、料理を楽しんだり…。

華香さん:パパと協力しながら、お互いの時間を大切にできるっていいね。

奈々恵さん:子どもと2人のときでも、子どもが寝てる間は自分の時間にできるよね。その間にやりたいことをやってストレス解消! 

真穂さん:うん。子どもと一緒にいても、自分の時間は持てるもんね。あとはママ友に会って、子育ての不安とか不満を話したりするとすっきり!

奈々恵さん:週末、パパと3人でお出かけするのも気分転換になるよね。ずっと2人きりだとどこかで息が詰まっちゃうのかな。誰かが加わるだけですごく楽しい。

華香さん:そっか〜子どもと2人っきりになりすぎないことがコツなのね!

女性のカラダラボ編集部からのメッセージ

日々めまぐるしく成長する赤ちゃんとの毎日は感動でいっぱいです。しかし2人だけの時間ばかりだと、どうしてもストレスをためてしまいがち。ときにはパパや家族、ママ友と一緒に過ごしたり、自分の時間を見つけて楽しむことも必要です。

子どもとの距離感を大切に

パパへのイライラ!?どうしてる?気持ちを切り替えてパパに感謝!

真穂さん:産後しばらくは、パパにイライラすることが多かったな〜。自分のことは自分でやって!とか思ったり、育児を手伝ってくれても当たり前って思ったり…。感じ悪かったと思う。

華香さん:友だちも言ってた! 産後はパパに触られるのもイヤだったとか…。うちはすごい仲良しだけど、私もそうなっちゃうのかな?

奈々恵さん:私はそうでもなかったよ。でも、これまで旦那さんがイチバン!って思ってたのが、子どもがイチバンになっちゃった…。

真穂さん:赤ちゃんってね、パパとママがうまくいってるかどうか、ちゃんと感じとってるんだって。それが気持ちとか行動に影響するって話を聞いてから、これはマズイなって。

華香さん:へえ〜、2人だけの問題じゃないんだ。

真穂さん:うん。だから、子どものためだって思って、朝はちゃんとパパを見送って、「パパは私たちのために外で働いているんだよ」って子どもに言うようにしたり、夜も帰ってきたら喜ぶようにしてみたの。そしたら子どもも私と一緒に見送ったり、帰りを喜ぶように! 私とパパの関係もよくなったし、子どもとパパの関係もよくなった!

奈々恵さん:赤ちゃんってちゃんとわかるんだね。うちのパパもおむつ替えたり、お風呂に入れたりしてくれてるから、私ももっと感謝していい関係を築かなきゃ。
子どものためにもね♪

女性のカラダラボ編集部からのメッセージ

子育てを手伝ってくれないパパにイライラしてしまうママも多いようです。しかし“外で働く”ことも生活の上で大切なこと。子育てのひとつの形と考えて感謝の気持ちを忘れないで。そして、手伝ってくれたときは「ありがとう」と声をかけて、“一緒に子育てをしている”雰囲気作りを心がけましょう。

良い笑顔は良い関係から

プレママ&ママのリアル座談会 〜まとめ〜

妊娠中や産後に、イライラしたり、不安を感じたりするマタニティブルーを経験するママも少なくありません。ストレスをためないよう、ひとりで頑張りすぎないで、ときにはまわりの人にサポートしてもらうことも大切です。
とくにパパのサポートはママにとって必要不可欠。でも、育児に積極的ではないパパも多いようです。父親としての自覚を持ってもらうために、健診につきそってもらうなど、妊娠中からおなかの赤ちゃんの成長を一緒に見守るのも一つの手。産後は、子どもをあやしてもらったり、休みの日はおふろに入れてもらうなど、パパが楽しみながらできることから少しずつ手伝ってもらうといいかもしれません。
“一緒に子育てを楽しむ”姿勢を築いていけば、「ママを手伝っている」ではなく、「子育てをしている」という意識になっていくはずです。