1. ホーム
  2. ピックアップ
  3. 自分にあった体調管理

節電の夏 自分にあった体調管理

節電をしようとクーラーなど冷房機器の使用を控えて、連日の暑さに体調を崩してしまったという人は少なくないのではないでしょうか?
そこで今回は、渋谷区千駄ヶ谷にあるゆきクリニックの院長・板垣雪絵先生に、夏の体調管理についてお話を伺いました。

カラダラボ編集部(以後、編集部):節電が求められる今年の夏。例年以上に熱中症予防や夏バテ対策が求められていますね。

板垣先生:そうですね。いつもは冷房がきいた室内と外気の温度差で体調を崩す人が多いので、「なにか羽織りましょう」などのケア方法を紹介していますが、今年は冷房を控える傾向があるので、“暑さ対策をして上手に夏を乗り切る方法”をご紹介したいと思います。

編集部:夏バテ対策ですね。

板垣先生:医学的に“夏バテ”という病名はないの。梅雨明けや夏の終わりなど、気温の変化に体が慣れずに体調を崩すのを夏バテと総称しているだけで。

編集部:医学的に夏バテという病名は無い?!!確かに食欲がないとか、夜寝つけないとか、症状もさまざまだけど、それには驚きました。

板垣先生:特に今年はどこもかしこも暑くて体への負担がたまりがち。気をつけたいポイントごとに対処方法をチェックしてみましょう。

水分のとりすぎ

暑いからといって水分をとりすぎると、胃液が薄まって消化が悪くなります。また糖分の多い飲み物ばかりとると、それだけで満腹感があり、食欲が落ちてしまいますので、飲み物は都度選ぶようにしましょう。
冷えた飲み物は胃腸の動きを悪くしてしまうので、あたたかいものを意識して飲むことも必要です。

バランスの悪い食事

食欲が落ちてしまうと、食べやすいものばかり食べがちですが、それだけだと栄養が偏ってしまうので薬味を足すなど、刺激を加えるひと工夫を。
さらに気をつけたいのが夏太り。夏バテ予防といつも以上に食べてしまうと太るのはもちろん、胃腸の負担となってしまいます。
またビタミンB1とビタミンB3、また腸の活動を活性化させるクエン酸が入った食品を意識的に食べると良いでしょう。特にビタミンB3は別名「肌のビタミン」といわれ、肌の決行を良くするなど美肌効果があるといわれています。
これらは食べ過ぎるということはありませんが、バランスの良い食事を心がけましょう。

寝不足

睡眠は何時間寝れば大丈夫という明確な時間があるわけではありません。ただ帰宅してすぐ寝ると、朝起きても頭がリセットできず、すっきりしないということもあります。寝る前はリラックスして気持ちを切り替える時間を持ちましょう。
また入浴することで、体が温まり入眠がスムーズになるとともに、体の免疫力も上がるので、大事にしたい習慣のひとつです。

編集部:なんか夏バテに限らず、日常生活で注意したいポイントばかりですね。

板垣先生:そう、毎日意識して出来ると良いものばかりです。ただ決まった時間に帰れる人は少ないから、全部をやるのはすごく難しい。だから、どれか選ぶことをすれば良いの。

編集部:選ぶ?

板垣先生:そう。たとえば食事。好きなものを食べて良いんだけど、昼が肉なら、夜は魚とか。お弁当でも野菜が足りないと思ったらサラダを惣菜で別に取るとか。自分の食事のバランスを意識して。朝があまり食べれないなら、昼はしっかり食べるとかね。出来る範囲でやってみてください。

編集部:全部しなさい!って言われると思ったので、その言葉ですごく気が楽になりました。

板垣先生:言うのは簡単なんだけど、やるのは大変。頼りすぎはダメだけど、バランスを取るためにサプリメントや野菜ジュースで補うのも良い。規則正しい生活はいろんな病気の予防になるので、出来るところからやってみてください。

女性のカラダラボ編集部からのメッセージ

自分に出来ることからコツコツと。夏バテは症状が出る前からのケアが大事ですよ!

プロフィール

ゆきクリニック 院長

板垣 雪絵先生

患者さんの声に耳を傾け、患者さんと一緒に治療と健康維持に長年取り組んできた板垣先生。
2005年の開業以来、渋谷区千駄ヶ谷で働くビジネスマンやOLを中心に支持されている。

URL:http://www.yuki-clinic.com/